#blog2navi()

文化のアーカイブになるニコニコ動画

面白いエントリーがあったので書く。

アーカイブとしての「新検索β」

「新検索β」に見る、ニコニコ動画と図書館の未来 http://d.hatena.ne.jp/dergeist/20131104/1383578394

まとめると、

  1. ニコニコ動画は、若者の文化そのものになっている。
  2. 図書館は時々の風俗、若者文化を保存し、後世に伝えるミッションを持つ。
  3. ニコニコの新検索βを使えば、期日を指定して過去の若者文化を取り出せる。
  4. ニコニコ動画は結果的に、若者文化を後世に伝える図書館として機能を持ち始めている。

大変面白い指摘だ。 文中、「つるぺた」の誤用がどのように広まったか考察している。ニコニコ動画が、若者文化を考察する際に、一つの巨大な資料室になっている。

ニコニコ動画データ公開

ニコニコ動画は単なる一営利企業にも関わらず、そのようなデータの公開に熱心だ。

今年の5月に、ニコニコ動画のデータセットが公開された。

http://www.nii.ac.jp/cscenter/idr/datalist.html

2007年から2012/12月までのニコニコ動画の動画情報とコメント情報の全データ公開された(個人情報特定に繋がるデータは削除されている)。

動画情報は800万、タグ情報は4000万、コメント情報は24億件ある。

「つるぺた」の例以外にも、ニコニコ動画に特徴的な言葉が、どのように使われたか、言葉の意味の変遷やどのようなタグと一緒に使われているか、調べることが出来る。

例えば、このグラフは、コメントの中で88888というコメント(拍手を表す)がどのくらい使われているか、月別にまとめたグラフだ。

WS000073.JPG

2008年に使われた後、2009年に一旦使われなくなり、その後爆発的に使われるようになった。どうやら、生放送で使用されたことで普及に火がついたそうだ。このような形で若者文化がどのように広まったか、ニコニコ動画のデータセットを使って調べられるようになる。

より簡単に使えるように。

確かに、ニコニコ動画のデータセットが公開されたが、データのみが公開されたため、まだまだ使い勝手が悪い(コメント情報は圧縮状態で24GB程度ある)。

それらを使いやすくしたサイトがこちらだ。

http://nicodata.info/

ビックデータ解析用のシステムHiveを使って、コメント情報や動画情報の検索や分析が出来る(お金がかかるから土日しかやってない)。

例えば、「つるぺた」とコメントされた動画を抜き出し、そのタグを調べれば、いつ本来の意味からズレたのか分かるだろう。

ニコニコデータ分析研究会というものがある。

上に上げたような研究をやっている研究会がある。 『ニコニコ学会β データ研究会』がそれだ。 今度の11/10に第三回の研究会があるそうだ。 興味があれば参加したら良いだろう。

http://atnd.org/event/E0020227

Category: [ニコニコ動画] - 02:51:23

&blog2trackback();

#blog2navi()


添付ファイル: fileWS000073.JPG 5466件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (1660d)