雑記帳

インフィオラータに潜む闇  日時:Thu May 1 02:25:51 JST 2003 大石英司の日記より

※ 32年前の最高裁判決が守る銀行業 TBS夕方ニュースより  酷いケースで、女性が貯めた結婚式の披露宴やハネムーン資金の430万円を銀行窓口で誰かに引き出されている。預金者は女性。引き出したのは男性で、住所も出鱈目。名前すら間違っている。漢字の濁点のあるなしの部分で間違いがある。なのに、見た目の印章が同じというだけで銀行はホイホイ金を払っている。  銀行の注意義務は、申込み時の印鑑と、引き出し時の印鑑の肉眼チェックしか無いという32年も前の最高裁判決が銀行を守っている。  今では、印象の偽造も簡単なわけですよ。スキャナで取り込み、銀行から失敬してきた支払い書に印象部分だけカラー印刷すれば良いんだから。  銀行には金を預けないという手段でしか自己防衛は無いですね。公共料金の引き出し専用窓口と割り切ることです。

  • もし、ほかのすべてにてなくて、ただ印鑑だけ同じであったらってなんか小説の題材になりそうな話です。書類さえあれば、ろくに審査をしない、役人と一緒?木を見て森を見ずの典型例。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (1027d)