書評

書名鳥頭紀行第一章鳥頭紀行ジャングル編
著者西原理恵子・勝谷博彦第二章鳥頭紀行ベトナム編
出版社スターツ出版第三章鳥頭紀行台湾編
出版年1998年

図書館でも人気のある本。人間って業が深いよねって改めて認識させられた。ギリギリの状況が無茶苦茶面白かった。常時、酔いつぶれながら先に進むというアンダーな話。あまりにアンダーなので楽しくなる。人の業があまりに深くてますます人って面白いねって再認識してしまった。かっちゃんは、今ではテレビに出てる様になった。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-01 (日) 14:38:24 (1025d)